2021.01.30

グレース・ケリー

麗しきロイヤルプリンセス『グレース・ケリー』

ハリウッドのスター女優からモナコ大公妃へと
転身したグレース・ケリー

伝説のクールビューティーは、華麗なる
ロイヤル・ウェディングをかなえ、
世界中を熱狂させました。

最高峰のエレガンススタイルには、
花嫁にとって学ぶところがたくさんあります。

1.レーニエ大公と並ぶグレース・ケリー。
華麗なヴェールは、3メートルの長さがありました。

2.ロイヤルなスタイルといえばティアラ!
オードリー・ヘプバーンも「ローマの休日」で
ゴージャスなティアラをつけて登場しました。

3.レースの縁取りのロングヴェールは、
マストアイテム。

4.光沢のあるシルク素材のAラインに、
ロールカラーでプリンセスのように!

5.大輪の白いバラを集めた高貴なブーケを。

6.本物のパールを贅沢に使ったティアラで格調高く。
ティアラは、正装の証といえます。

7.ベルラインのスカートにロングスリーブや
ハイネックで肌をおおったウェディングドレス。
ウエストのサッシュベルトでメリハリを。


ぜひ、実際にシルク素材のウェディングドレスを
ご試着してみてはいかがでしょうか。