2021.04.17

ボンネ

先週に引き続きボンネのご紹介です。<br>

先週に引き続きボンネのご紹介です。

□レースボンネ<br>フランス製のコードレースにビーズ刺繡が施され<br>動くたびに光に反射して華やかさを演出。<br>トップにレースを用いたウエディングドレスに<br>合わせるのもおすすめです。<br>

□レースボンネ
フランス製のコードレースにビーズ刺繡が施され
動くたびに光に反射して華やかさを演出。
トップにレースを用いたウエディングドレスに
合わせるのもおすすめです。

□リボンボンネ<br>リボンボンネは上品でクラシカルな<br>女性らしい花嫁に。<br>上質な素材のミカドシルクを用いているので<br>共布のウエディングドレスにもぴったりです。<br><br>ミカドシルク素材のウェディングドレスを<br>お探しの方は、ぜひ実際にご試着くださいませ!<br>

□リボンボンネ
リボンボンネは上品でクラシカルな
女性らしい花嫁に。
上質な素材のミカドシルクを用いているので
共布のウエディングドレスにもぴったりです。

ミカドシルク素材のウェディングドレスを
お探しの方は、ぜひ実際にご試着くださいませ!

2021.04.10

ボンネ

ボンネについてご紹介です!<br><br>花嫁ヘア小物の代表格、<br>ボンネでお洒落な正統感を<br><br>ティアラのような煌めく華やかさは<br>ないものの、花嫁ならでは!という<br>清楚でクラシカルなイメージづくりに<br>欠かせないのがボンネです。<br>

ボンネについてご紹介です!

花嫁ヘア小物の代表格、
ボンネでお洒落な正統感を

ティアラのような煌めく華やかさは
ないものの、花嫁ならでは!という
清楚でクラシカルなイメージづくりに
欠かせないのがボンネです。

□シンプルボンネ<br>シンプルボンネを添えてどこまでも<br>ノーブルな印象に。<br><br>□パールボンネ<br>パールがアクセントのシンプルなボンネが<br>ノーブルさを際立たせます。<br>飾りがなくても存在感のある大きさが<br>ポイントです。<br><br><br>ドレスとの統一感を出すことで<br>洗練された装いになります。<br><br>前、後、横など、つける位置によって<br>印象も変えられます。<br><br><br>ミカドシルク素材のウェディングドレスを<br>お探しの方は、ぜひ実際にご試着くださいませ!<br>

□シンプルボンネ
シンプルボンネを添えてどこまでも
ノーブルな印象に。

□パールボンネ
パールがアクセントのシンプルなボンネが
ノーブルさを際立たせます。
飾りがなくても存在感のある大きさが
ポイントです。


ドレスとの統一感を出すことで
洗練された装いになります。

前、後、横など、つける位置によって
印象も変えられます。


ミカドシルク素材のウェディングドレスを
お探しの方は、ぜひ実際にご試着くださいませ!

2021.04.03

オルガンザドレスのバックリボン

今日は、オルガンザドレスのバックリボンを<br>ご紹介します!<br>

今日は、オルガンザドレスのバックリボンを
ご紹介します!

オルガンザの象徴とも言える他にはない<br>ふっくらとした形の知性溢れるリボン。<br><br>ウエストからトレーンまで続く流麗な<br>リボンがアクセントに。<br><br>リボントレーンが大人の甘さを添え、<br>存在感を与えてくれます。<br><br>取り外しのできるバックリボンは、<br>つけるリボンで印象を変えてくれます。<br>

オルガンザの象徴とも言える他にはない
ふっくらとした形の知性溢れるリボン。

ウエストからトレーンまで続く流麗な
リボンがアクセントに。

リボントレーンが大人の甘さを添え、
存在感を与えてくれます。

取り外しのできるバックリボンは、
つけるリボンで印象を変えてくれます。

□リボン<br><br>上品な甘さのリボンがこの上なく<br>エレガントです。<br><br>フロントがシンプルなデザインは、<br>後ろにリボンを付けて大人の可愛らしさを<br>表現したバックスタイルも素敵です。<br>

□リボン

上品な甘さのリボンがこの上なく
エレガントです。

フロントがシンプルなデザインは、
後ろにリボンを付けて大人の可愛らしさを
表現したバックスタイルも素敵です。

□縦リボン<br><br>まるで着物の帯のように流れる縦リボンが<br>印象的な後ろ姿を演出します。<br><br>エレガントの中にもモダンな雰囲気を<br>醸し出しています。<br><br>お洒落な花嫁を演出します。<br>

□縦リボン

まるで着物の帯のように流れる縦リボンが
印象的な後ろ姿を演出します。

エレガントの中にもモダンな雰囲気を
醸し出しています。

お洒落な花嫁を演出します。

□大きなデザイン性のある縦リボン<br><br>帯のように流れるデザイン性のある<br>バックリボンが圧倒的な存在感を<br>放ちます。<br>

□大きなデザイン性のある縦リボン

帯のように流れるデザイン性のある
バックリボンが圧倒的な存在感を
放ちます。

□リボンなし<br><br>リボンを付けなくても、素材の美しさで<br>シンプルでありながら圧倒的な存在感を<br>放ちます。<br><br>バックのウエスト下にはタックが施され<br>ぷっくりとした腰のバッスルが流麗な<br>シルエットをつくります。<br>

□リボンなし

リボンを付けなくても、素材の美しさで
シンプルでありながら圧倒的な存在感を
放ちます。

バックのウエスト下にはタックが施され
ぷっくりとした腰のバッスルが流麗な
シルエットをつくります。

花嫁さんご自身がどのような雰囲気に<br>したいかでリボンの種類を選ぶのが<br>ポイントです!<br><br><br>ミカドシルク素材のウェディングドレスを<br>お探しの方は、ぜひ実際にご試着くださいませ!<br>

花嫁さんご自身がどのような雰囲気に
したいかでリボンの種類を選ぶのが
ポイントです!


ミカドシルク素材のウェディングドレスを
お探しの方は、ぜひ実際にご試着くださいませ!

2021.03.27

ウェディングブーケ

ハイネックブラウスの繊細なレースと、
ベースのミカドシルクの贅沢な
コントラストが美しい王道な
Aラインドレス。

どんなシェイプのブーケとも美しく
調和する黄金のシルエットです。

花材選びが洗練度アップの鍵です。

そんなドレスに似合うブーケを
ご紹介します!

(右から時計回りでご紹介)

①ひらひらした花びらがレースのよう。

柔らかな花をふんわりと束ねて
正統派ドレスに合わせて、程よく
ボリュームを出すと、美しいバランスに。

□花材→バラ、スイートピー、アジサイ、
   シラス


②ロイヤルなイメージの王道ドレスには、
凛とした気品を放つ純白のコチョウランの
ブーケをセレクト。
ミカドシルクの滑らかな光沢と美しく
マッチして、エレガントな装いに。

□花材→コチョウラン、グレープアイビー


③ふんわりナチュラルなボリューム感が
おしゃれなスウィートクラッチ。
繊細なグリーンとレースのリボンが
軽やかなアクセント。

□花材→ライラック、バラ(スぺンド、
アライフタイム)、スイセン、グリーンベル

④ころんとしたフォルムがとびきりキュート!
咲きかけの白バラだけをキュッと束ねた
贅沢なブーケ。
深いグリーンのシックな太めのリボンで
全体を引き締めて。

□花材→バラ(ブルゴーニュ)

⑤ひらひらとした花びらのアネモネと
スイートピーをシンプルにふんわりと束ねて、
ドレスにふさわしいボリューム感を演出。
花びらのほのかなグリーンが初々しい表情を
漂わせます。

□花材→アネモネ、スイートピー

⑥高貴なアマリリスをメインにほんのり
グリーンみを帯びた花を集めた、
ナチュラルなクラッチブーケ。
可憐な表情が、花嫁をチャーミングに演出。

□花材→アマリリス、ライラック、アネモネ、
   ビバーナム


⑦ミルキィホワイトとパステルグリーンの
みずみずしいコントラストがとびきりおしゃれ。
ミントグリーンのリボンをあしらい、
いっそうフレッシュに。

□花材→ラナンキュラス、カーネーション、
   ビバーナム


同じドレスでも、ブーケにによって雰囲気が
変わるので、どのような雰囲気にしたいかで
花材を選ぶのがポイントです。


ミカドシルク素材のウェディングドレスを
お探しの方はぜひ実際にご試着下さいませ!
2021.03.20

くるみボタン

くるみボタンについてご紹介します!<br>

くるみボタンについてご紹介します!

くるみボタンとは、<br>表面を布などでくるんだボタンのこと。<br><br><br>ドレスと共布で使われていることが多く、<br>上品で清楚な雰囲気でデザインの<br>アクセントになります。<br>

くるみボタンとは、
表面を布などでくるんだボタンのこと。


ドレスと共布で使われていることが多く、
上品で清楚な雰囲気でデザインの
アクセントになります。

トレーンまで続くくるみボタンが<br>縦ラインを強調してくれます。<br><br>シンプルでありながら美しいラインを描き出す<br>洗練のドレスと、ロングトレーンで魅せる<br>バックスタイルが、どんな会場でも圧倒的な<br>存在感で見る人の心を奪います。<br><br><br>圧倒的美しさのバックスタイルを誇る<br>品格あるウェディングドレスです。<br><br><br>ミカドシルク素材のシンプルなウェディングドレスを<br>お探しの方は、ぜひ実際にご試着くださいませ!<br>

トレーンまで続くくるみボタンが
縦ラインを強調してくれます。

シンプルでありながら美しいラインを描き出す
洗練のドレスと、ロングトレーンで魅せる
バックスタイルが、どんな会場でも圧倒的な
存在感で見る人の心を奪います。


圧倒的美しさのバックスタイルを誇る
品格あるウェディングドレスです。


ミカドシルク素材のシンプルなウェディングドレスを
お探しの方は、ぜひ実際にご試着くださいませ!

2021.03.13

ヴェール

ヴェールについてのご紹介です!<br><br>透け感の少ないロングヴェールで<br>品格溢れるスタイルに<br>

ヴェールについてのご紹介です!

透け感の少ないロングヴェールで
品格溢れるスタイルに

□パイピングヴェール<br><br>合わせるドレスを選ばず、<br>清楚なイメージを演出するヴェールです。<br><br>また、落ち感が美しいドレープも<br>花嫁の美しさをつくり出す重要なファクター。<br><br>パイピングの太さで雰囲気が変わりますが、<br>最近は、細めのタイプが主流です。<br>

□パイピングヴェール

合わせるドレスを選ばず、
清楚なイメージを演出するヴェールです。

また、落ち感が美しいドレープも
花嫁の美しさをつくり出す重要なファクター。

パイピングの太さで雰囲気が変わりますが、
最近は、細めのタイプが主流です。

□ゴージャスな総レースのヴェール<br><br>中途半端なヴェールは正統派の<br>ドレスにそぐわなないので、<br>ロングヴェールでクラシカルな<br>イメージを際立たせるのが良いです。<br><br><br>ヴェールを選ぶ際は、ドレスとの<br>バランスを考えて選ぶのがポイントです。<br>

□ゴージャスな総レースのヴェール

中途半端なヴェールは正統派の
ドレスにそぐわなないので、
ロングヴェールでクラシカルな
イメージを際立たせるのが良いです。


ヴェールを選ぶ際は、ドレスとの
バランスを考えて選ぶのがポイントです。

ヴェールの位置もポイント☝

ヴェールの位置でもこんなに
印象が変わります!


☑高めにセット
王道スタイル。
花嫁らしk華やかで初々しい
雰囲気に仕上がるのが特徴です。

☑真ん中にセット
華やかさも残しつつ少し落ち着いた
トーンになるため挙式でも披露宴でも◎

☑低めにセット
落ち着いた洗練ムードに。
ショートヴェールを軽快にまとうのが
おすすめです。




ミカドシルクのウェディングドレスをお探しの方は、
ぜひ実際にご試着くださいませ!
2021.03.06

ミカドシルクとシルクオーガンジー

ミカドシルクとシルクオーガンジーの<br>ウェディングドレスについてご紹介します!<br>

ミカドシルクとシルクオーガンジーの
ウェディングドレスについてご紹介します!

□ミカドシルクのウェディングドレス<br>天然素材のシルク(絹)で織られている、<br>最高級のドレス生地として人気が高いです。<br><br>ミカドシルクを使ったドレスは、<br>光沢が柔らかく上品で、<br>格調高くノーブルな印象になります。<br><br>シルクを使用していない場合は<br>「ミカド」と言います。<br>

□ミカドシルクのウェディングドレス
天然素材のシルク(絹)で織られている、
最高級のドレス生地として人気が高いです。

ミカドシルクを使ったドレスは、
光沢が柔らかく上品で、
格調高くノーブルな印象になります。

シルクを使用していない場合は
「ミカド」と言います。

□シルクオーガンジーのウェディングドレス<br>霧で包まれたような、しっとりとした<br>透明感が魅力の素材。<br><br>薄手なのに光沢が美しく、なめらかなハリが<br>あるのも特徴です。<br><br><br>潮風に揺れる軽やかなオーガンジー<br>花嫁を優雅に包み込んでくれます。<br><br>エレガントな素材感で、自然光の下でより<br>際立ち、透明感ある美しい花嫁姿を<br>演出してくれます。<br><br><br>同じシルクでも素材が違うだけで印象が<br>変わります。<br><br>自分の魅せたい雰囲気のドレスを探してみては<br>いかがでしょうか。<br><br>シルク素材のウェディングドレスを<br>お探しの方はぜひ実際にご試着くださいませ!<br>

□シルクオーガンジーのウェディングドレス
霧で包まれたような、しっとりとした
透明感が魅力の素材。

薄手なのに光沢が美しく、なめらかなハリが
あるのも特徴です。


潮風に揺れる軽やかなオーガンジー
花嫁を優雅に包み込んでくれます。

エレガントな素材感で、自然光の下でより
際立ち、透明感ある美しい花嫁姿を
演出してくれます。


同じシルクでも素材が違うだけで印象が
変わります。

自分の魅せたい雰囲気のドレスを探してみては
いかがでしょうか。

シルク素材のウェディングドレスを
お探しの方はぜひ実際にご試着くださいませ!

2021.02.27

ボリュームのあるウェディングドレス

ミカドシルク素材のシンプルな<br>プリンセスラインのウェディングドレスの<br>ご紹介です!<br>今回は、ストレートタイプの方に添って<br>ご紹介します<br>

ミカドシルク素材のシンプルな
プリンセスラインのウェディングドレスの
ご紹介です!
今回は、ストレートタイプの方に添って
ご紹介します

誰もが一度は憧れる
プリンセスのようなドレス


ラブリーなイメージの強いボリュームドレスは、
スカートの広がり具合や装飾などのディティール
選びで骨格タイプに合わせて「甘さ」をバランス
良く調節するのが、おしゃれに着こなすポイント


ハリ感と光沢のある素材がメリハリのある
ボディを引き立てます


▽上質素材の美しさで魅せるシンプルな
ドレスがベスト

ストレートタイプが生まれ持った気品を最大限に
引き出すのは、艶やかシルクの光沢を最大限に
生かしたクラシカルなシンプルなドレス

高めの位置でウエストを軽く絞ったシルエットが、
グラマラスなメリハリボディを強調してくれます

ヒップに膨らみを持たせたバッスルラインが、
貴婦人のような優雅さを引き立ててくれます



◎ここもポイント!
ギャザーで広がるスカートより、上品なタックで
ボリュームを持たせたデザインがお似合いです


☑小物

・キラキラネックレス
グラマラスなボディを引き立てるのは
大粒ビジューでもきっちり並び、
本物の輝きを感じさせるものなら良い


・パールネックレス
高貴なイメージを引き立てる「本真珠の
一連ネックレス」が正解
粒が揃ったものほどシンプルなドレスに
美しく映えます


上質素材のシルクを使ったウェディングドレスを
ぜひ実際にご試着くださいませ!
2021.02.20

ウェディングブーケ

最高級のミカドシルクとレースを使った
パコダスリーブのクラシカルなドレス

まさにエレガントなドレス

そんな王道のドレスには、ブーケも上質に
こだわってセレクト


上品なウェディングドレスに似合う
ブーケをご紹介します!


上品で美しいエレガントなドレスには、
上質で高級感のある花材をセレクト

①モデルさんが持っているブーケは、
数種類のバラを束ねた贅沢なラウンドブーケ

□花材
・バラ(フェアビアンカ、オルフィーク、
ビジュードネージュ、ホワイトメディランド)
・ダスティミラー


②左上のブーケは、白のバラだけをキュッと
束ねて、オーガンジーのリボンでふんわりと
包んだロマンティックなブーケ
透明感あるドレスに持ちたいスタイルです

□花材
・バラ(クロッシュドマリアージュ、
フェアビアンカ)


③右上のブーケは、黄色とパープルの色合わせが
モダンなクラッチブーケ
繊細な花び花びらを持つラナンキュラスが
上品さを表現

□花材
・スイートピー
・ラナンキュラス
・アルストロメリア
・ビバーナムティナス


④真ん中のブーケは、ニュアンスのある
アプリコットカラーのバラを優しい
グラデーションのブーケに
スウィート&エレガントに!

□花材
・バラ(アプリコットファンデーション、
ジュリエット、アンブリッジローズ)


⑤右下のブーケは、シックな色合いのラナと
バラだけを集めたアームブーケです
ゴールドのリボンを巻いて、いっそう
高級感を演出

□花材
・シンビジウム
・バラ(サムライ08)

⑥左下のブーケは、スモーキーなバラを束ねて、
クラシカル・エレガンスを表現したブーケ
実ものをアクセントにして、おしゃれ感をプラス

□花材
・バラ(ティナチュールレモン、アティレ、
パルモード、エスター)
・ビバーナムティナス


上質な素材感のエレガントなドレスには
優美なシルエットのブーケを合わせてみては
いかがでしょうか

ミカドシルクの上品なドレスをお探しの方は、
ぜひ実際にご試着くださいませ!
2021.02.13

オルガンザ卒花嫁のご紹介!

オルガンザ卒花嫁さんをご紹介します!<br>

オルガンザ卒花嫁さんをご紹介します!

ロールカラードレスを一着通しで着てくださった<br>卒花嫁さん<br>

ロールカラードレスを一着通しで着てくださった
卒花嫁さん

張りのある上質なミカドシルクと<br>オフショルダーのロールカラーが<br>格調高い雰囲気を引き立てています。<br><br>バックのフランス製コードレースを<br>あしらわれたトレーンが、洗練された<br>愛らしさを演出しています。<br><br>格調高い会場に映える気品あるドレスが<br>醸し出す究極のエレガンススタイルです<br>

張りのある上質なミカドシルクと
オフショルダーのロールカラーが
格調高い雰囲気を引き立てています。

バックのフランス製コードレースを
あしらわれたトレーンが、洗練された
愛らしさを演出しています。

格調高い会場に映える気品あるドレスが
醸し出す究極のエレガンススタイルです

☑︎挙式スタイル<br>お母様のボンネとヴェール、<br>ロンググローブ、パールイヤリングで<br>クラシカルな雰囲気に。<br>

☑︎挙式スタイル
お母様のボンネとヴェール、
ロンググローブ、パールイヤリングで
クラシカルな雰囲気に。

☑︎披露宴スタイル<br>ヘッドドレスをティアラに変え<br>より華やかな印象に。<br>

☑︎披露宴スタイル
ヘッドドレスをティアラに変え
より華やかな印象に。

ロールカラードレスを上品で可愛らしく、<br>クラシカルな雰囲気で着てくださった<br>卒花嫁さん✨<br>素敵なご新郎ご新婦様とのご縁に感謝です!<br><br><br>シルク素材のウェディングドレスを<br>お探しの方はぜひ実際にご試着くださいませ!<br>

ロールカラードレスを上品で可愛らしく、
クラシカルな雰囲気で着てくださった
卒花嫁さん✨
素敵なご新郎ご新婦様とのご縁に感謝です!


シルク素材のウェディングドレスを
お探しの方はぜひ実際にご試着くださいませ!