2021.03.13

ヴェール

ヴェールについてのご紹介です!<br><br>透け感の少ないロングヴェールで<br>品格溢れるスタイルに<br>

ヴェールについてのご紹介です!

透け感の少ないロングヴェールで
品格溢れるスタイルに

□パイピングヴェール<br><br>合わせるドレスを選ばず、<br>清楚なイメージを演出するヴェールです。<br><br>また、落ち感が美しいドレープも<br>花嫁の美しさをつくり出す重要なファクター。<br><br>パイピングの太さで雰囲気が変わりますが、<br>最近は、細めのタイプが主流です。<br>

□パイピングヴェール

合わせるドレスを選ばず、
清楚なイメージを演出するヴェールです。

また、落ち感が美しいドレープも
花嫁の美しさをつくり出す重要なファクター。

パイピングの太さで雰囲気が変わりますが、
最近は、細めのタイプが主流です。

□ゴージャスな総レースのヴェール<br><br>中途半端なヴェールは正統派の<br>ドレスにそぐわなないので、<br>ロングヴェールでクラシカルな<br>イメージを際立たせるのが良いです。<br><br><br>ヴェールを選ぶ際は、ドレスとの<br>バランスを考えて選ぶのがポイントです。<br>

□ゴージャスな総レースのヴェール

中途半端なヴェールは正統派の
ドレスにそぐわなないので、
ロングヴェールでクラシカルな
イメージを際立たせるのが良いです。


ヴェールを選ぶ際は、ドレスとの
バランスを考えて選ぶのがポイントです。

ヴェールの位置もポイント☝

ヴェールの位置でもこんなに
印象が変わります!


☑高めにセット
王道スタイル。
花嫁らしk華やかで初々しい
雰囲気に仕上がるのが特徴です。

☑真ん中にセット
華やかさも残しつつ少し落ち着いた
トーンになるため挙式でも披露宴でも◎

☑低めにセット
落ち着いた洗練ムードに。
ショートヴェールを軽快にまとうのが
おすすめです。




ミカドシルクのウェディングドレスをお探しの方は、
ぜひ実際にご試着くださいませ!